デジタル生活の大掃除のための4つのヒント

新学期、新年度がスタートしました。春は家の大掃除を行って不要なものを処分する時期です。そして、デジタル生活の大掃除を行う良いタイミングでもあります。家と同じように、時にはデジタル生活にも大掃除が必要です。しかしその実行は骨の折れる作業と感じられるかもしれません。そんなあなたに、デジタル生活の大掃除のためのヒントを紹介することにしましょう。

はじめに、コンピュータのゴミ箱を空にするとともに、ハードドライブの貴重なスペースを消費してしまうブラウザキャッシュの一時ファイルとクッキーを削除しましょう。この作業が終わったら、以下に示すデジタル生活の大掃除のヒントに従ってください。

1. アプリケーションとファイルの削除: 使用されないまま残っているアプリケーションはありませんか? 高校時代の古いファイルをそのままにしていませんか?これらのアイテムを使用していないなら、削除することを検討しましょう。時代遅れになって使っていないアプリケーション、プログラム、ファイルを削除すれば、デバイス上のスペースやメモリを、使用するアイテムのために解放できます。

2. データのバックアップ: 使用中のデバイスは、写真やビデオなどの家族の思い出の宝庫です。また、確定申告書やその他の機密書類を含む重要な文書が保管されている場合もあります。こうしたアイテムは、誰にとっても重要であるため、データは頻繁にバックアップすることが重要です。念のため、これらのデータをクラウドストレージサービスと外付けハードドライブの両方にバックアップしてください。

3. プライバシーポリシーの確認: あなたのアカウントは、希望どおりにプライバシーが確保されていますか? 時間を割いて、まずお使いのアカウントとアプリケーションのプライバシー設定を確認し、あなたのデータがどのように使用されているかを理解してください。この作業は、ソーシャルメディアのアカウントに対して行うことが重要です。この設定によって、オンラインで共有したいものとしなくないものを選択することができます。多くのアプリケーションは、必要としない情報にまでアクセスするため、アプリケーションのプライバシー設定の確認も行うようにしてください。実際、McAfee Labs™では、Androidアプリの80%が、たいていはユーザーの知らない間にユーザーとその個人情報を追跡および収集していることを確認しています。

4. パスワードの変更: 定期的にパスワードを変更することは常に大切で、デジタル生活の大掃除をする今こそその絶好のタイミングです。パスワードの確認・更新をしたら、複数のID・パスワードもカンタンに管理ができるマカフィーリブセーフなど管理機能があるセキュリティソフトの導入もお勧めします。

大掃除を終える前に、ここで説明したすべてのヒントを実行してください。デジタル生活の大掃除を成功させられるはずです。

※本ページの内容は McAfee Blog の抄訳です。

原文:  4 Tips for Spring Cleaning Your Digital Life

著者: Intel Security オンラインセーフティエキスパート ロバート・シチリアノ (Robert Siciliano)