マカフィー株式会社 公式ブログ

intel-security®, Inc.

このシリーズの前回のブログでも触れたように、Windows Server 2003のEOS(サポート終了)が2015年7月15日(日本時間)に迫っています。残された時間は少ないので、まだWindows Server 2003をご利用の方がEOSに間に合うように、移行のための選択肢に焦点を当てたいと思います。

先週、移行のための3つの選択肢のうち、最初の選択肢として、Windows Serverの新しいバージョンへのアップグレードについて説明しました。今回は2番目の移行パスとして、パブリッククラウドへの移行について説明します。

アトランティスの王!海の守護神!ジャスティス・リーグの愛されるメンバー!これぞ、まさしくアクアマン(Aquaman)! アクアマンといえば、水中の生物をコントロールし、水中で呼吸をする能力が最も有名ですが、インテル セキュリティ(Intel Security)が実施した「最も危険なスーパーヒーロー」調査のリストによると、インターネットユーザーに最大の脅威をもたらすスーパーヒーローでもあります。

セキュリティに対する重要性は理解したけれど、用語が難しくてという声を聞くこともよくあります。そんな方に、連載で、「今だから学ぶ!」と題して、セキュリティの頻出用語を解説します。第5回は、「マルウェア」についてです。

マルウェアとは、『悪意のある』ソフトウェアのことです。「Malicious」(悪意のある) +「Software」(ソフトウェア)を組み合わせて作られた造語です。

以前のブログ記事をお読みいただいた方は、2015年7月15日(日本時間)にWindows Server 2003のサポートが終了すると、今年最大の脆弱性が発生するかもしれないということをご存じのはずです。サポート終了(End of Support: EOS)によって、コンプライアンスが確保できなくなるリスクが生じます。

まだWindows Server 2003を使用している方にも、幸い3つの選択肢があります。このブログでは、最初の移行パスとして、新しいWindows Serverバージョンへのアップグレードについて検討したいと思います。

マカフィー マーケティング本部 ソリューション・マーケティング部 スペシャリストの松久育紀です。

昨年、Windows XPの延長サポート終了を前に、PCの入れ替え作業や業務アプリケーションの検証作業に追われた方も多いのではないでしょうか。実はそれと同等、いやもしかするとそれ以上にやっかいな移行問題が目の前に迫っています。Windows Server 2003のサポートが7月15日(日本時間)で終了するのです。

今回は、Windows Server 2003のサポート切れに伴うリスクを説明し、新たなプラットフォームに移行する場合、あるいはやむを得ず当面運用を継続する際の注意点に触れたいと思います。

Corporate] 2015年6月22日 更新

Interop Tokyo 2015 出展レポート

 

マカフィーは、6月10〜12日、幕張メッセで開催された、ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスのリーディングイベント『Interop Tokyo 2015』に出展いたしました。

梅雨の時期にもかかわらず、初日、二日目は晴天、最終日は、朝方降っていた雨も開場時には止み、幕張には梅雨を忘れさせる気持ちのいい風が吹いていました。
Interop Tokyo の発表によると、3日間で136,341人と大勢の人が来場され、大盛況なイベントとなりました。

7月15日(日本時間)はMicrosoft Windows 2003がサポート終了を迎える日です。つまり、この日を境にセキュリティアップデートが提供されなくなるのです。

ランサムウェアという言葉をご存じでしょうか?

 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) による調査(2014年10月実施)では、国内において認知度が約2割と少ないという結果が出ています。

つまり、国内において認知度はさほど高くないことが示されていますが、マカフィーでは、『McAfee Labs脅威レポート: 2014年11月 』において、2015年に発生し得る9つの主な脅威の中で、ランサムウェアを取り上げているように、現在、もっとも注意を払うべき脅威の1つです。

Windows Server 2003をまだ使っている方は、この記事をかならずお読みください。

Windows Server 2003のサポート終了が2015年7月15日(日本時間)に設定されています。つまり知っている人も知らない人も、この日を境にMicrosoftのサポートを受けられなくなります。

これは、お客様にとってどのような意味があるのでしょうか? MicrosoftがWindows Server 2003へのセキュリティアップデートを含む他のサポートを終了するため、マルウェアと攻撃のリスクにさらされるということになります。

仮想マシン、仮想ネットワークに新たな仲間、仮想セキュリティというものが加わりました。領域を物理的に定義していた時代には、境界のセキュリティは意味のあるものでした。ただし、コンピューティング、ネットワーク、ストレージインフラストラクチャがソフトウェア定義環境に移行する中、セキュリティも新たな環境に合わせて進化する必要が生じてきました。

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

© 2003-2015 McAfee, Inc. All Rights Reserved.