マカフィー株式会社 公式ブログ

intel-security®, Inc.

McAfee Labs] 2009年12月 1日 更新

H1N1 インフルエンザ・ワクチンの案内と称してスパム

 

12月1日、McAfee Labsは、CDC(米国疾病予防管理センター)の名を語ってH1N1インフルエンザ・ワクチンの案内と称するスパムがアウトブレークしている事を確認しました。また、このスパム・メールを通じてZeus系のマルウエアに感染してしまうことが問題になっております。

このメールは、メールを受け取った方は至急CDCのWeb上にあるワクチン接種のワクチン・プロファイルに記入して下さいと案内されます。

そして、全ての項目に記入すると、最後に自分のワクチン・プロファイル情報をダウンロードする事になります。

この時に、実はZeus系のマルウエアをダウンロードしてしまいます。

このZeus系のマルウエアは非常に強力で、VirusTotalによると41種類のアンチウイルス・エンジン中、7エンジンだけで検知出来ることが確認されています。マカフィーでは、2種類のエンジン(Artemisエンジン、McAfee Web Gateway Anti-Malwareエンジン)で検知出来る事が判明しています。

 経営層にサイバーセキュリティ対策の重要性を理解してもらうには - セキュリティ人材・予算不足解消への道しるべ -
日本最大級の情報セキュリティ カンファレンス FOCUS JAPAN 2016 の開催が決定!早期登録した方には、一般公開より1週間早いセッション登録期間をご案内!
ランサムウェア関連情報 2015年で2倍に増加

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

© 2003-2016 McAfee, Inc. All Rights Reserved.