マカフィー株式会社 公式ブログ

McAfee Labs] 2010年8月24日 更新

コンピューティングを支える3本の柱

 

※本記事は、マカフィー社 CTO兼エグゼクティブバイスプレジデント George Kurtzによるものです。

マカフィーがインテル社によって買収される正式契約を締結したというニュースについて、すでに耳にしていることと思います。今回の買収により、セキュリティはコンピューティングにとって、「電力効率に優れた性能」、「インターネット接続」と同じくらい重要だということが明らかになりました。マカフィーとインテル社が力を合わせることで、世界中の個人、企業の保護が大幅に強化され、画期的なセキュリティの革新につながっていくことでしょう。

インテル社はこれまで、電力効率に優れた性能とインターネット接続に注力してきました。インテル社の名前は「革新」と同義になっていますが、この度の買収により、3本目の柱としてセキュリティを加えました。「なぜ?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、答えはシンプルです。悪質なマルウェアの蔓延に対処する中での現在の課題を考えると、ソフトウェアをシリコンレベルに近づけることで、個人、企業に本当の利点を提供できるようになるからです。両者の合併により、サイバー犯罪者との勝負の流れを変え、マルウェアの蔓延を食い止めることができるのは、インターネットの将来に対してすばらしいことといえるでしょう。

買収の完了後、マカフィーはインテル社のソフトウェア&サービスグループの1事業部門になります。一般的にはハードウェア会社と考えられているため、インテル社にソフトウェアグループがあることに驚かれるかもしれませんが、実際、マカフィーの買収は、インテル社による、組み込み・モバイルソフトウェアのリーダーだったWind River社の買収に沿うものです。

ATM、プリンター、デジタルコピー機、車など、幅広いデバイスを防護するマカフィーの戦略は、Wind River社の組み込みとモバイルソフトウェアを実行している、IP対応のモバイルおよび組み込みデバイスの管理・防護強化を推進します。また、マカフィーが昨年買収したSolidcore社の、数百万台の組み込みデバイスを防護している、ダイナミックなホワイトリスティングテクノロジーにも合致します。

まだまだ、ごく初期の段階ですが、あらゆるプラットフォームで世界トップクラスの防護を実現するという両社の取り組みは、今後も積極的に続いていくことでしょう。

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/japan/をご覧ください。

 

Copyright © 2003-2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.