マカフィー株式会社 公式ブログ

McAfee Labs] 2010年10月 1日 更新

ビジネスとしてのマルウェア生産

 

マルウェア生産は、世界経済の浮き沈みと無関係に記録的な勢いで続いています。マルウェア開発が、単なる楽しみや自慢のネタだった時代は既に終了しており、今や多くの犯罪者がビジネスとしてマルウェア生産を行っており、金銭を稼いでいます。

McAfee Labsで重複しないようマルウェアを数えたところ、既に2009年上半期の時点で2008年通期とほぼ同じ数を観測しました。2008年のマルウェア数が過去最悪の増加ペースだったことを考えると、2009年は驚くべき状況といえます。

マルウェア数の推移(重複なし)

他のデータも紹介したいと思います。マルウェアは重複分を除いても、平均で毎月20万個、1日当たり6000個以上も出現しています。この数字は種類の異なる(つまり個別に対策用ドライバを作る必要のある)マルウェアを数えており、発見したものすべては含めていません。

上半期だけを比較しても、2009年は2008年の3倍弱にまで増えています。この急激な増加は、まるでムーアの法則のようといえます。

マルウェア数の比較(2008年上半期と2009年上半期)

マルウェアの増加が止まらない要因はたくさんありますが、現時点では犯罪者が加担していることが最も大きな理由です。マルウェアはデータを盗むものであり、マルウェアを作成して配布するのは犯罪者です。サイバー犯罪用のツールやコードは簡単に入手可能で、このような状況が変わることはありません。セキュリティ教育とシステム更新を怠らずに実施することが、安全なコンピュータ利用の実現につながるといえるでしょう。

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

Copyright © 2003-2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.