マカフィー株式会社 公式ブログ

McAfee Labs] 2010年10月28日 更新

BlackBerryメッセンジャーをターゲットにした、デマウイルスの配信

 

恐らく全てのユーザーが一度は受信したことがあるスパムとして、デマウイルス(HOAX)に関するメールがあげられます。このようなメールはPCのハードディスク全体に書き込みを行うウイルスがある、といった偽のウイルス情報を含んでいます。これらの配信手法として、その多くがソーシャルネットワーキングを使用していますが、ターゲットはPCだけではなく、BlackBerryを始めとするスマートフォンにも及んでいます。今回はその一例を紹介したいと思います。

BlackBerryをターゲットとした手法は、BlackBerryメッセンジャー(BBM)経由でインスタントメッセージング(IM)を受け取るところから始まります。Blackberryの人気が非常に高まってきているため、このようなデマウイルスがBBM経由で広まっていることは、当然の結果といえるでしょう。

ソーシャルネットワーキングという手法そのものが悪いとは、決していうことができませんが、このような相次ぐスパム拡散の要因の一つになっていることは、明らかです。ソーシャルネットワークの問題は、プライバシー設定が正しくないページにアクセスするだけで、多くのユーザーがそのページの持ち主を様々なIMに追加できるということです。

新しいBBMも、使用しているBlackBerryの暗証番号用に作成されたバーコードの画像を撮ることにより、簡単に新規ユーザーを追加することができます。そのため、見知らぬ人々のコンタクトリストに追加され、大量のデマウイルスやスパムメッセージを受信しやすくなります。

このようなバーコードは、様々なソーシャルネットワークやフォーラムで既に掲載されています。暗証番号を伝える相手として、信頼できるコンタクトだけに絞り込むと同時に、決して同じことをしないよう注意してください。デマウイルスやスパムは、現在も増え続けています。コンタクトは承認する相手のみとするよう、ご対応をお願いします。

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:BlackBerry Messenger the new vehicle to distribute Hoaxes?

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

Copyright © 2003-2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.