マカフィー株式会社 公式ブログ

McAfee Labs] 2011年1月25日 更新

「Zeus」+「SpyEye」-第2回:統合ツールキットが登場か

 

昨年の暮、トロイの木馬であるZeusの作者が、無料でソースコードをSpyEyeの作者に譲渡したとのニュースがありました。McAfee Labsでは、このZeusとSpyEyeの「合併」により、セキュリティ対策や法執行機関の監視をこれまで以上に回避することができる、より高機能なボットネットが生み出されると予測しています。ZeusとSpyEyeは、いずれも世界各地で拡散している危険なマルウェアですが、これらが一つになることで、脅威が新たなレベルに引き上げられることでしょう。

この統合ツールキットは、既に最初のバージョンがブラックマーケットに登場しているようです。このツールキットで生成されたマルウェアが見られるようになるまで、そう時間はかからないことでしょう。このツールキットのバージョン1.4.1は1月11日に公開されたようです。

機能のアップデート内容は以下の通りです。

  • 総当たり攻撃によるパスワードの推測
  • Jabberによる通知
  • VNCモジュール
  • 自動拡散
  • 自動アップデート
  • 固有スタブジェネレーターによるFUD、回避
  • 新しいスクリーンショットシステム

価格:
VNC、FF Injectなし - 300米ドル
すべて込み - 800米ドル

このツールキットは、クライムウェアを共有していることで有名な2つの地下フォーラムで売られており、その売り手はhardersellというニックネームを使用していました。オリジナルのSpyEyeの作者のニックネームはhardermanで、名前が似ていることから、このオファーは本物ではないかと思われます。

一方、価格はたったの800米ドルと、非常に安価で提供されています。2010年11月、SpyEyeの作者と購入希望者が話し合っているのを偶然、発見しました。次の統合バージョンはまだオープンフォーラムでは公開されておらず、真偽のほどは定かではありませんが、価格について開発者は、約4,000米ドルになるだろうと述べています。

今後、この新たなツールキットによる脅威の発生が懸念されるため、定義ファイルは必ず常に更新を行ってください。なおMcAfee Labsでは、この脅威の進化について今後も注視していきます。

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/japan/をご覧ください。

 

Copyright © 2003-2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.