マカフィー株式会社 公式ブログ

McAfee Labs] 2011年5月13日 更新

オフラインP2Pファイル共有ネットワーク「Dead Drops」:使用の際はぜひ注意を!

 

匿名のオフラインP2Pファイル共有ネットワーク「Dead Drops(デッド・ドロップス)」をご存じでしょうか?非常に面白いプロジェクトだと思いますが、使用にあたっては注意が必要です。

「Dead Drops(デッド・ドロップス)」プロジェクトは、公共の場にある完全匿名のオフラインのP2Pファイル共有ネットワークです。メディアはUSBメモリーで、壁や建物、縁石に埋め込まれており、誰でもファイルをドロップし、ドライブに保存されているファイルを見つけることができます。参加者は、ラップトップを差し込むだけで、ファイルやデータを共有することができます。

既に世界中で385カ所のUSBキーが配置されており、記憶容量は全体で1,140GBになります。マップによれば、ヨーロッパ(ドイツとフランスがトップ)は米国よりもサービス範囲が広くなっています。残念ながら、まだ日本での展開はありません。プロジェクトの詳細は以下のサイトで詳しく見ることができます。
http://deaddrops.com/

非常に面白いプロジェクトだと思いますが、実際の使用にあたっては注意が必要です。外部メディア経由により感染するAutorun ワームなど、USBメモリーの悪性コードは最もポピュラーな脅威の一つであり、これらのキーが悪用されている危険性は十分に考えられます。海外で、壁面にセメントでUSBキーが埋め込まれているのを偶然発見して、好奇心からキーを使用する際は、用心を怠らないでください。どうしても使用したい場合は、仮想マシンや機密データが保存されていないPCなどを試しに接続するとよいでしょう。

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:‘Dead Drop’ File Sharing Invokes Spy Novels, Drug Deals

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

Copyright © 2003-2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.