マカフィー株式会社 公式ブログ

McAfee Labs] 2012年7月17日 更新

スマートフォンの紛失率、年間で約5%

 

マカフィーとPonemon Institute社は「The Lost Smartphone Problem(スマートフォンの紛失問題:英語)」を発表しました。これは、さまざまな組織において、従業員が所有するスマートフォンの紛失・盗難件数と、その影響を明らかにすることを目的とした調査です。調査対象となった439社の中で、スマートフォンの紛失数は1年間で142,706台という莫大な数に上ります。

そのうち約62%は、従業員に業務用として支給している会社所有のスマートフォンです。また、38%は個人が業務用として所有しているものです。毎年およそ従業員が所有するスマートフォンの4.3%が、紛失や盗難に遭っています。調査対象の439社が「紛失した」と回答した142,706台のスマートフォンのうち、回収されたのはわずか7%である9,298件でした。また紛失場所について、13%は職場、29%は移動中、47%は自宅やホテルの部屋など職場から離れて仕事をしている間に紛失したという結果になっています。残り11%については、紛失場所について覚えがないとのことです。また、紛失したスマートフォンの60%に関しては、機密情報が保存されているという認識があるにもかかわらず、57%が利用可能なセキュリティ機能を使用していないことから、結果として端末が保護されていませんでした。

なお業界別の報告では、スマートフォンの紛失率が最も高いのは医療・医薬品、教育・研究、公共事業の各組織であることが明らかになりました。

データ資産の紛失は、ビジネスに多大な損失をもたらします。その影響を勘案すると、スマートフォンとその中に保存している機密情報の安全を確保するために、必要なリソースを割り当て、盗難対策やデータ保護に投資するのは必要不可欠といえるのではないでしょうか。

調査項目 調査対象企業平均 合計
調査対象企業数
439
企業支給スマートフォン数 7,512 3,297,569
従業員所有スマートフォン数 2,865 1,257,738
盗難・紛失数 324 142,706
盗難数(確実に) 11 5,034
盗難数(恐らく) 59 26,003
紛失数 254 111,345
盗難・紛失後に発見された数 21 9,298
スマートフォン平均寿命 2.1
年間紛失率 4.26%
寿命による切り替え率 8.76%
The Lost Smartphone Problem~Benchmark study of U.S. organizationsより

関連情報:
企業で使われるスマートフォンの端末を一元管理、セキュアに保護するプラットフォーム
McAfee Enterprise Mobility Management

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:Almost 5% of Smartphones Lost Every Year

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

Copyright © 2003-2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.