マカフィー株式会社 公式ブログ

intel-security®, Inc.

Corporate] 2015年8月31日 更新

ランサムウェアのフランチャイズ化

 

ビジネスのいいアイデアをお持ちですか?リスクを抑えてビジネスを拡張したいとお考えですか?優れた製品を開発し、トレーニングを作成、反復可能な手段としてまとめれば、フランチャイズ店から使用料を得ることができます。ファストフード店から美容院、確定申告書作成まで、あらゆる業種で使用され成功を収めているこのモデルは、とうとう犯罪用ランサムウェアでも使用されるようになりました。

サイバー犯罪者は、作成者の自尊心、小銭稼ぎなどさまざまな理由から、かなり前からサイバー犯罪用ツールを第三者向けに提供しています。ただし、「サービスとしてのランサムウェア」(ransomware-as-a-service) モデルは比較的新しく、ランサムウェア攻撃の急増につながっています(四半期脅威レポートで詳しく報告されています)。CTB-LockerとToxは、インターネット上で攻撃し、脅威の通知、シグネチャ更新、その他の防御手段に追いつかれる前に、より多くの犠牲者を搾取するために、異なるビジネスモデルを使用するマルウェアの2つの例として挙げられます。

CryptoLocker用のサーバーは昨年停止されたため、CTB-Lockerは現在最も頻繁に使用されるランサムウェア攻撃ソースの1つになっています。CTB-Lockerは、アフィリエイトプログラムを使用して規模と収益を拡大しています。アフィリエイトに登録した犯罪者は、ツールを利用してこのランサムウェアを選択したターゲットに配布し、得られた収益の70%を取得します。配布媒体には、通常は配信通知や偽のソフトウェア更新などのフィッシングメールが使用されます。ファイルが暗号化されてしまったユーザーには、ファイルを復号化するために身代金を支払う方法が記載された.bmp、.txt、.htmlファイルが残されます。このマルウェアは比較的簡単に排除できます。ただし、RAS 2,048ビット秘密鍵暗号化方式で暗号化されたファイルの復号化はほぼ不可能です。支払はビットコインで行われるため、犯罪者の匿名性が守られます。

レンタルできるマルウェア

Toxは、人気を博しているもう1つのランサムウェアです。Toxの作成者は、利用者の技術的スキルをほとんど必要としないランサムウェアキットを提供しています。身代金の金額と資金集めの「cause(目的)」を入力すると、自分用の実行ファイルを入手できます。自由にインストールまたは配布可能で、利用者は身代金総額の20%を支払うだけです(ビットコインでも支払可能です)。ToxとCTB-Lockerは、ともにTORネットワークを使用して暗号化鍵を入手し、サーバーのIPアドレスを隠匿します。これによってCryptoLockerの破壊を防ぎ、エンドポイントセキュリティシステムを迂回します。

ビットコインやその他の仮想通貨は、ランサムウェアにとって非常に重要です。犯人は、匿名性を保護することによって、ともすれば攻撃元を断定できる力を持つ、金になる標的を狙うことができます。結果としてこうした攻撃者は、より高額の身代金を得られることを期待して、消費者のシステムから企業のシステムへと標的を移行しています。多くの組織は、データを取り戻すために身代金を支払う傾向にあるため、モデルの有効性が裏付けられ、こうした攻撃が増加しています。

ランサムウェアは進化を続け急速に広まっていますが、阻止することは可能です。頻繁にバックアップを取り、ユーザーの意識を高めることで、ランサムウェアに対する最善の防御を維持しつつ、複数ポイントで保護策を講じます。スパム対策システムは、特に圧縮ファイルと実行ファイルを検知してブロックするように設定しておくと、多くのフィッシングメールを捕獲できます。また、ランサムウェアが暗号化鍵を入手できないように、TORネットワーク接続をブロックすることも検討してください。そして、システムに常に最新のパッチを適用し、エンドポイントでは高度なセキュリティ機能を設定して有効化してください。

元の投稿については、Dark Reading(英語サイト)を参照してください。

【参考】

ランサムウェアに関する企業向けソリューション概要
ランサムウェアから大切なデータを守る


関連記事:「Tox」:一般ユーザーが利用できるランサムウェアが登場

※本ページの内容は McAfee Blog の抄訳です。

原文: Franchising Ransomware
著者:  

日本最大級の情報セキュリティ カンファレンス FOCUS JAPAN 2016 の開催が決定!早期登録した方には、一般公開より1週間早いセッション登録期間をご案内!
ランサムウェア関連情報 2015年で2倍に増加

Also Find Us On

マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評のあるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

 

© 2003-2016 McAfee, Inc. All Rights Reserved.