Windows Server 2003のサポート終了を待ち望むハッカー達

Windows Server 2003をまだ使っている方は、この記事をかならずお読みください。

Windows Server 2003のサポート終了が2015年7月15日(日本時間)に設定されています。つまり知っている人も知らない人も、この日を境にMicrosoftのサポートを受けられなくなります。

これは、お客様にとってどのような意味があるのでしょうか? MicrosoftがWindows Server 2003へのセキュリティアップデートを含む他のサポートを終了するため、マルウェアと攻撃のリスクにさらされるということになります。

全世界のWindows Server 2003はまだ2380万台稼働しているので、世界中のセキュリティの専門家やITスペシャリストはすでに準備を開始しています。中にはこの製品の製造終了を、「2015年最大のセキュリティ脅威とさえ呼ぶ者もいます。

多くのハッカーがこの日を待ち焦がれていることは間違いありません。

幸いにも当社のブログ(5回の連載記事によってオプションやソリューションを紹介します)を読まれる皆さんは、この日までに適切な保護策を講じられるように私達がお手伝いいたします。

現在、対処方法が3つあります。

  1. Windows Server 2012 R2などの新しいWindows Serverバージョンにアップグレードする
  2. Windows Server 2003ワークロードをパブリッククラウドに移行する
  3. とりあえずWindows Server 2003の使用を継続する

ただし、この3つの方法にはそれぞれ以下のような課題があります。

  • ハイブリッドクラウド環境のセキュリティ確保と仮想サーバーの保護方法
  • パブリッククラウド内で仮想サーバーのセキュリティを確保する方法
  • 2015年7月15日(日本時間)以降、Windows Server 2003のセキュリティを確保する方法

「何もしない」という方法では、コンプライアンスが確保できなくなり、マルウェアに対して脆弱な状態になってしまうため、結局は選択肢として選ぶことができません。

Intel Securityでは、お客様がこの3つのいずれを選ぶ場合でも、可能な限りシームレスに移行でき、サーバー環境のセキュリティを確保することでこれらの課題を克服できるように、各種の資料やツールを用意しています。

次のブログ記事では、この3つの移行オプションについてさらに詳しく説明し、それぞれの課題への対処方法を紹介します。Twitterの@IntelSec_Biz(英語)でも最新のセキュリティ最新情報をフォローしてください。

※本ページの内容は McAfee Blog の抄訳です。

原文: Bye, Bye Windows Server 2003 – Hello, Hackers
著者: Joakim Lialias (Director of Product Marketing)

関連記事:
Windows Server 2003からの移行:1つ目の選択肢~新しいWindows Serverバージョン
Windows Server 2003からの移行:2つ目の選択肢~パブリッククラウドとその先へ!