隠れてマルウェアを仕掛けるドライブバイダウンロード

LuckySploitは、エクスプロイトのフレームワークです。ドライブバイダウンロードは、実行されるとインラインフレームの陰に潜み、疑いを持たないユーザーにマルウェアを仕掛けます。

あるLuckySploitの攻撃を分析したところ、FakeAlert-BYというトロイの木馬がダウンロードされていました。もしWeb サイトにアクセスしていて、下の画像を見かけたら、残念ながらFakeAlert-BYに感染しています。恐らく、原因はLuckySploitです。

マカフィー製品では、LuckySploitダウンローダーはJS/Downloader-BNLという名前で検出されます。またFakeAlert-BYも既に検出済みです。ウイルス対策シグネチャを更新して、安全を常に維持してください。

関連記事

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:Drive-by-Download Du Jour

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。