Facebookで新たなオンライン金銭詐欺が発生中

McAfee Labsは、Facebookのアカウントで、「Drop The Internet Stacks of Money And Quit Your Job(インターネットに投資して、仕事を辞めよう)」という名前のグループを新たに発見しました。このグループは、誰でも簡単に副収入を得られ、頑張れば数百万ドルを稼げると称するOnline Success Kitを提供するWebサイトにメンバーを誘導します。





リンクをたどると偽の新聞サイトに到着しました。そこでは、金持ちになる奇跡の方法が全ての記事で紹介されていました。インターネットで調べてみたところ、このようなWebサイトが他にも存在することがわかりました。




あるケースでは、幸運な女性としてパリ在住のキム・バーンズ(Kim Barnes)、別の事例では、同じくパリ在住のチャーリー・トンプソン(Charlie Thompson)が紹介されていました。アカウントはほぼ同じで簡単なコピーアンドペーストで構成されているだけで、悲惨な金融詐欺が隠されているのでなければ楽しめる内容でした。





非常に少額のため、オンライン詐欺ではないと思いがちですが、利用条件を読むとその全貌が明らかになります。




利用条件によると、2.97ドルを支払った後、登録者は5日間の試行期間後に93.67ドルを請求されることに同意することになります。しかも、その後も毎月同額が請求されるとのことです。


キャンセルするには顧客サービス部門に問い合わせる必要がありますが、住所がパナマ共和国にあるため容易ではありません。顧客サービスのWebページには複数の電話番号が掲載されています。試しにフランスの電話番号にかけてみましたが、結局繋がりませんでした。


この詐欺は偽の就職の機会だけを提供するのではありません。同じパナマの企業が同様の条件で電子たばこ、栄養食品、そして歯を白くするキットを提供しています。




驚くことに、このブログの最初で取り上げたFacebookのグループが作成されてから、約2週間で26万8000人のメンバーを獲得したとのことです。多くの罪のない被害者はもちろん、これらの犯罪者が手にした金額を考えるのは恐ろしいことです。




万が一、このオンライン詐欺の被害者となった場合は、現地の法執行機関に問い合わせ、しかるべき措置をとって戴くと同時に、この詐欺を食い止めるようにご協力戴ければ幸いです。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。