オンライン賭博へ誘導する、「無料提供」メールに注意

先日McAfee Blogでは、「無料提供」メールの一例として、「iPadが無料で手に入る」と称する詐欺メールについて取り上げました。このような詐欺は、TwitterやFacebook、インターネット上で、広まっており、その対象製品も無料のiPadだけではなく、イケアの1,000ドル分のギフトカードなど、様々な種類があります。イケアギフトカード詐欺には、約4万人のFacebookユーザーが騙されたといわれており、3月には同様のサービスに7万人が騙され、被害を受けたと報告されています。

このような無料提供サービスは、すべて偽物ですので、よく注意してください。犯罪者は、今後のスパムキャンペーンのために、名前や住所、メールといった個人情報を収集することを目的にしています。また、ユーザーを宝くじサイトといったオンライン賭博サイトに誘導して、オンラインインスタントゲームやスクラッチゲームのプレー料金を入金するよう誘導するケースもあります。

McAfee Labsでは、このようなサービスを10件ほど追跡しましたが、いずれもユーザーの国に応じて選択された、同一のWebサイトへ、最終的にたどり着きます。このサイト上には、iPadやギフトカードといった当初のサービスは、いっさい記載されていません。犯罪者は、ユーザーに関心を持たせ続けるために、様々なウィンドウやポップアップにより大量の当選者を知らせてきます。このサイトへは、アカウントを開設し少額の前金を入金するだけで、簡単に登録することができます。

このような一見、魅力的に思えるサービスには、多くのユーザーが騙され、誘い出されます。偽広告キャンペーンが始まって以来、オンラインカジノを始めとする、不審なオンライン賭博サイトへのアクセスは急増しています。

McAfee Labsでは、ためしにチャットウィンドウ経由で担当者に連絡を取ってみました。「詳細な連絡先を入力すると、偽広告サービス(URL例:your-free-apple-ipod)からオンラインカジノへと、いつもリダイレクトされてしまう」と説明しましたが、先方からこの件に関する説明は一切なく、「弊社のゲームに関心をお持ちの場合はご登録ください。登録料は5ユーロです。登録されないのなら、ごきげんよう」と返信があっただけでした。なお、返事の最後はスマイルマークでした。

日本国内におけるオンライン賭博やオンラインカジノの運営は違法ですが、経営者が海外で政府の許可を得て運営しているサイトは世界に多数存在しており、誤ってアクセスしてしまうケースも十分に考えられます。このような魅力的に思える無料提供サービスのオファーを受け取った場合は、釣られて詐欺のターゲットとされないよう、よく気を付けてください。

 

 

 

 

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。