マイクロソフトの.LNKの欠陥を利用するDownloader-CJX

マルウェアが新しいMicrosoft Windowsシェルの.LNKの脆弱性を狙い、Exploit-CVE2010-2568を使用しています。この欠陥はCVE-2010-2568に記載されています。

まず、PWS-Zbot(別名Zeus)が、悪質な.LNKファイルを含む暗号化されたメールでこの脆弱性を利用しました。その後、新しいExploit-CVE2010-2568 .LNKファイルとソーシャルエンジニアリングを使用したDownloader-CJXの新しい亜種が発見されました。

Downloader-CJXは、ミュージック、ドキュメント、新規フォルダなど、現在のWindows、ユーザーフォルダに見せかけた.LNKファイルをインストールするマルウェアです。Downloader-CJXは、実際のフォルダの属性を変更して、エクスプローラに表示されないようにします。また、フォルダアイコンを使用して、.LNKファイルをドロップ(作成)することでユーザーをだまし、正規のフォルダに見えるこれらの悪質なリンクをクリックさせます。これらの.LNKファイルが感染マシンで見つかると、Downloader-CJX!lnkという名前で検出されます。

この新しい亜種は、感染したシステムにさらにファイルをドロップします。

x.exeファイルはもうひとつのDownloader-CJXのコピーで、Downloader-CJXのDLLコンポーネントであるDLLをドロップします。

新たに加わった.LNKファイルは、CVE-2010-2568の脆弱性を利用し、ユーザーがフォルダを閲覧すると、Downloader-CJXによってDLLファイルがロードされるようにします。

これらの.LNKファイルはExploit-CVE2010-2568という名前で既に検出されており、新しいDownloader-CJXの亜種はDownloader-CJX.gen.gという名前で検出されます。

サイバー犯罪者も一般ユーザーと同様に、常にソフトウェアを更新しています。最新のウイルス定義ファイルをインストールして、マルウェア対策ソフトウェアを常に最新の状態に維持していることが重要です。

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:Wiseguys Botnet First in Line for Concert, Sports Tickets

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。