マカフィー、Trust & Safety Initiativeをスタート

※本記事は、マカフィー社 ワールドワイドチャネル担当シニアバイスプレジデントAlex Thurberによるものです。


マカフィーは、今日の凶悪かつ巧妙なサイバー脅威への対策を強化するため、Trust & Safety Initiativeを開始しました。このイニシアティブは、リアルタイムの保護を実現するクラウドベースのセキュリティ技術基盤Global Threat Intelligenceの機能拡充に基づき、マカフィーの提供しているプロセスとテクノロジーを更に改良するものです。


McAfee Labsによって作成・改良されているGlobal Threat Intelligenceは、業界で最も包括的なクラウドベースの脅威情報であり、次世代の脅威対策として現在機能しています。世界中に配置された数百万台のセンサーを含むインターネット全体を網羅することで、ファイル、Web、メール、ネットワークといった全ての脅威ベクトルでデータを収集するGlobal Threat Intelligenceは、ファイル、IPアドレス、URL、Webドメイン、画像、メール、ネットワーク接続、アプリケーションに関するリアルタイムの情報を提供します。また、マルウェアの発生、ゼロデイ攻撃、スパムやWeb攻撃を仕掛ける悪質なゾンビの送信者など、既知のみならず未知の脅威に瞬間的に対応します。Global Threat Intelligenceは、包括的な対策により、セキュリティリスクを軽減すると共に、インシデント対応や管理にかかるコストを削減することで、セキュリティ体制そのものを評価することを可能にします。


マカフィーのユーザーは、GTI(Global Threat Intelligence)により存在する脅威を常に確認でき、また自動的に防護を受けられます。今年初め、GTIは、ウクライナを拠点とする大規模なスケアウェア組織の解体に貢献しました。また2カ月前には、大規模なiFrameインジェクション攻撃を予測して顧客を防護し、その真の効果を発揮しました。


Global Threat IntelligenceとTrust & Safety Initiativeにより、マカフィーはユーザー企業に信頼できるアドバイスを提供することができます。マカフィーのセキュリティ製品の管理コンソールを使用することで、GTIを有効にすることができます。


Trust & Safety Initiativeの詳細は、下記ページをご覧ください(英語のみ)。
http://www.mcafee.com/us/about/trust_and_safety.html


マカフィー社 プレジデント兼CEO David DeWaltによるメッセージ(ビデオ:英語)

関連情報

※本ページの内容はSecurity Insights Blogの抄訳です。
原文:McAfee Launches Trust and Safety Initiative

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。