ビジネスとしてのマルウェア生産

マルウェア生産は、世界経済の浮き沈みと無関係に記録的な勢いで続いています。マルウェア開発が、単なる楽しみや自慢のネタだった時代は既に終了しており、今や多くの犯罪者がビジネスとしてマルウェア生産を行っており、金銭を稼いでいます。


McAfee Labsで重複しないようマルウェアを数えたところ、既に2009年上半期の時点で2008年通期とほぼ同じ数を観測しました。2008年のマルウェア数が過去最悪の増加ペースだったことを考えると、2009年は驚くべき状況といえます。


マルウェア数の推移(重複なし)

他のデータも紹介したいと思います。マルウェアは重複分を除いても、平均で毎月20万個、1日当たり6000個以上も出現しています。この数字は種類の異なる(つまり個別に対策用ドライバを作る必要のある)マルウェアを数えており、発見したものすべては含めていません。


上半期だけを比較しても、2009年は2008年の3倍弱にまで増えています。この急激な増加は、まるでムーアの法則のようといえます。


マルウェア数の比較(2008年上半期と2009年上半期)

マルウェアの増加が止まらない要因はたくさんありますが、現時点では犯罪者が加担していることが最も大きな理由です。マルウェアはデータを盗むものであり、マルウェアを作成して配布するのは犯罪者です。サイバー犯罪用のツールやコードは簡単に入手可能で、このような状況が変わることはありません。セキュリティ教育とシステム更新を怠らずに実施することが、安全なコンピュータ利用の実現につながるといえるでしょう。



導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。