スケアウェア、全マルウェアの23%に到達

サイバー犯罪者は、以下の2つの目的達成のため、スケアウェアを活用しています。

  • ユーザーのクレジットカード番号を入手すること
  • ユーザーのPCをマルウェアに感染させ、ユーザーのPCにアクセス可能にすること

スケアウェアは、サイバー犯罪者にとって非常に大きなビジネスになっています。彼らは、スケアウェアを広めるために、多国籍企業を設立したり、名称やWebアドレスを頻繁に変更したりするなど、巧妙な事業運営を行っています。中にはターゲットをより巧妙に騙すために、顧客サポートホットラインを用意してさえいる組織もあります。

スケアウェアはもはや一個人の犯罪ではなく、完全に組織犯罪で生み出されています。ユーザーはこのような状況に目を向けると共に、このような犯罪が実際にどのように効果を発揮するのか、また回避するにはどうすべきかを学ぶ必要があります。

感染手口: :

1. サイバー犯罪者は、ユーザーにポップアップメッセージを送信して、「あなたのPCがウイルスに感染している可能性があります」と警告します。

2. このポップアップが、マルウェアをユーザーのPCにダウンロードする偽セキュリティスキャンを実行するよう、ユーザーに促します。また、「あなたのPCはウイルスに感染しているので、ウイルス除去ソフトを購入する必要がある」と伝えてくるケースもあります。

3.サイバー犯罪者が提供する偽のセキュリティソフトは、「無料」のこともあれば有料のこともありますが、結果は同じです。

4. 「無料」ソフトウェアをダウンロードすると、そのソフトがマルウェアをPCにダウンロードします。その後ユーザーは、有料版に「アップグレード」するよう促されるようになります。

5. ユーザーが自分のクレジットカード情報を入力して有料版をダウンロードすると、サイバー犯罪者がユーザーの個人情報と知的財産を手に入れ、PCはマルウェアに感染させられます。

重要点: スキャンやソフトウェアのダウンロードを許可するポップアップをクリックすると、PCがマルウェアに感染します。このマルウェアは、たいていの場合、情報を密かに収集するスパイウェアです。ユーザーがソフトウェア「購入」に同意することで、サイバー犯罪者はユーザーの個人情報と知的財産を手に入れることができるのです。

スケアウェアの犠牲にならないために:

1.スケアウェアが、正規のセキュリティソフトを装うよう工夫されていることを忘れないでください。危険なポップアップを避けるため、ブラウザーで「ポップアップブロッカー」を、必ず選択してください。

2.自分の使用しているPCが「危険な状態にある」という警告を受けたとしても、ポップアップウィンドウやバナー広告、疑わしいWebサイト経由でセキュリティソフトを決してダウンロードしないでください。

3.セキュリティソフトは、信頼できるベンダーの製品を購入してください。購入の際は、信頼できるベンダーの安全なWebサイトや公式販売店に、直接アクセスの上、購入して下さい。

4.セキュリティソフトを購入する前には、ポップアップを送信してきた会社を必ず調べてください。信頼できる第三者によってサイトの安全性が証明されたことを示しているトラストマークをWebサイトで探し、顧客のレビューに目を通すことも重要です。

5.使用しているPCが感染している可能性があるというメッセージが届いたら、信頼できるベンダーのセキュリティソフトを使用して、必ずスキャンを実行してください。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。