「Zeus」+「SpyEye」-第2回:統合ツールキットが登場か

昨年の暮、トロイの木馬であるZeusの作者が、無料でソースコードをSpyEyeの作者に譲渡したとのニュースがありました。McAfee Labsでは、このZeusとSpyEyeの「合併」により、セキュリティ対策や法執行機関の監視をこれまで以上に回避することができる、より高機能なボットネットが生み出されると予測しています。ZeusとSpyEyeは、いずれも世界各地で拡散している危険なマルウェアですが、これらが一つになることで、脅威が新たなレベルに引き上げられることでしょう。


この統合ツールキットは、既に最初のバージョンがブラックマーケットに登場しているようです。このツールキットで生成されたマルウェアが見られるようになるまで、そう時間はかからないことでしょう。このツールキットのバージョン1.4.1は1月11日に公開されたようです。

機能のアップデート内容は以下の通りです。

  • 総当たり攻撃によるパスワードの推測
  • Jabberによる通知
  • VNCモジュール
  • 自動拡散
  • 自動アップデート
  • 固有スタブジェネレーターによるFUD、回避
  • 新しいスクリーンショットシステム


価格:
VNC、FF Injectなし – 300米ドル
すべて込み – 800米ドル


このツールキットは、クライムウェアを共有していることで有名な2つの地下フォーラムで売られており、その売り手はhardersellというニックネームを使用していました。オリジナルのSpyEyeの作者のニックネームはhardermanで、名前が似ていることから、このオファーは本物ではないかと思われます。


一方、価格はたったの800米ドルと、非常に安価で提供されています。2010年11月、SpyEyeの作者と購入希望者が話し合っているのを偶然、発見しました。次の統合バージョンはまだオープンフォーラムでは公開されておらず、真偽のほどは定かではありませんが、価格について開発者は、約4,000米ドルになるだろうと述べています。


今後、この新たなツールキットによる脅威の発生が懸念されるため、定義ファイルは必ず常に更新を行ってください。なおMcAfee Labsでは、この脅威の進化について今後も注視していきます。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。