様々なスパムメール:「ドラッグ」スパム

スパムメールには様々なカテゴリがありますが、その中の主流の一つとして、ドラッグ関連のスパムがあります。今回はその事例を取り上げたいと思います。

McAfee Labsでは、膨大な数のスパムのURLを確認しています。それらはすべて、悪質なIPとして有名な194.xx.xx.x2と194.xx.xx.x4に関連しています。

194.xx.xx.x2だけで、drugs(薬)、med(薬剤)、pharm(調合薬)、pill(錠剤)などの単語を含む、200もの似たような名前のURLが存在します。言うまでもなく、hxxp://33a2.xxxxxxxxxxxx71a.xx.、hxxp://drugsxxyyzz.xxのように、数字と文字で構成される複数の拡張子を使った、さまざまな組み合わせがあります。

これらのIPには、「Canadian Pharmacy」というスパムに見られる用語が含まれていますが、そのトップレベルドメインのほとんどはロシアとウクライナです。

これらのサイトはよく、デザインを変更します。ですが、デザインを一新したとしても、ドラッグストアのスパムの詐欺パターン、目標は変わっていません。毎日、数百(あるいはそれ以上)の新しいURLが登場しています。

仮に、これらのサイトに行き着いた場合は、十分に注意して対応すべきです。これらのページでは、外国のトップレベルドメインが使われていないか、注意してください。万が一アクセスしてしまった場合は、すぐにページから退避してください。そのままページを進んでいくと、データ窃盗、なりすまし犯罪の被害に陥る可能性があります。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。