パスワード盗難に遭わないために

強力なパスワードを作成して覚えることは、非常に退屈かつ面倒なことです。毎日、覚えておかなければならないこと、取り組まなければならないことが多すぎるため、必要なときに忘れていることがないようにパスワードを単純なものにすべきだと、多くの人は考えています。しかし、これは大きな間違いです。ソーシャルネットワーキングサイト、ネットバンキング、電子決済のアカウントなど、次に新しいWebアカウントを作成する際には、パスワードの設定に時間をかけましょう。

調査結果によれば、消費者の79%がパスワードに自分の名前や誕生日、結婚記念日を使うなど、リスクの高いパスワードを使用しています。またその多くが、メールやオンラインバンキング、ショッピング、ソーシャルネットワーキングサイトを含む重要なアカウントに、同じパスワードを使い回しています。その他、パスワードを提供/販売しているオンラインサイトから「良い」と評価されているパスワードを選ぶ人も少なくありません。

その一方で、ハッカーもテクノロジーの知識を深めており、実際にパスワードはオンラインセキュリティにおける最大の弱点となっています。
所であり、犯罪者はターゲットユーザーのパスワードを推測し、PCやアカウントに侵入しようとします。また、一般的な単語などの情報のデータベースから繰り返しパスワードを推測できる自動化プログラムも多く存在しています。

たとえば、「arvind61」というパスワードについて考えてみましょう。これは弱いパスワードの典型的な事例です。ユーザーまたはユーザーに近い人物がArvindと呼ばれており、生まれ年が1961年である可能性が非常に高いことが、容易に推測できます。賢いハッカーは、パスワードから多くの個人情報を見つけることができます。

また、メールとATM口座に同じパスワードを使用することも避けて下さい。ハッカーがパスワードのクラッキングに成功した場合、その情報を利用して、口座番号、クレジットカード情報など、金融データが保存されているターゲットのアカウントにアクセスするために約30%の時間を費やすことが明らかになっています。

パスワード盗難に遭わないために:

  • 重要なアカウントごとに、異なるパスワードを作成してください。オンラインの窃盗犯に対する防御の最前線になります。
  • 自分の名前や誕生日をパスワードに使用することは、絶対に避けて下さい。
  • 理想のパスワードは、アルファベット、特殊文字、数字を組み合わせた8~10文字以上のパスワードです。
  • 文字や文字列の繰り返しは避けて下さい。同じ文字の繰り返しは、自動プログラムにより簡単に発見することができます。
  • パスワードの変更は、定期的に行って下さい。
  • アカウントやパスワード情報をPCに保存しないでください。
  • 公共のPCや他人のPCを使う場合、「パスワードを記憶する」のチェックを外してください。
  • 決して、他人にパスワードを教えないでください。もし教える必要があった場合は、後で必ずパスワードを変更して下さい。
  • パスワードを複雑にし過ぎないよう、気をつけて下さい。複雑過ぎて覚えられないパスワードは、必要以上の労力が要求され、結局は逆効果となります。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。