レジストリを変更してセキュリティを低下させる、トロイの木馬

マルウェアの中には、PCのセキュリティを低下させることにより、間接的にマルウェア感染やシステム改変の危険性を高めるものがあります。このようなマルウェアは、レジストリにアクセスできなくしたり、「Internet Explorer(IE)」のセキュリティレベルを緩めたり、システムファイルを削除したり、DNS設定を変えるなどの影響を及ぼします。今回はその一例として、レジストリを変更してPCのセキュリティを弱めるトロイの木馬を紹介します。

このトロイの木馬は、タスクマネージャと「Windows Update」、IEのツールバーを無効化するマルウェアです。さらに、感染したパソコンは操作ロックやパスワード変更ができなくなります。感染パソコンでCtrl+Alt+Delを押すと,以下のような表示が出ます。

McAfee Labsでは、こうしたタスクマネージャの機能不全を最も被害の大きいセキュリティ攻撃とみなしており、このマルウェアをトロイの木馬、QTaskMgr-1と呼んでいます。QTaskMgr-1の検出/除去は、定義ファイル(DAT)「5727」以降で実行可能です。

商用アプリケーションの中にも、トロイの木馬「QTaskMgr-1」に感染したコンポーネントが発見されているため、マカフィーでは、このマルウェアを「Potentially Unwanted Program(PUP)」(好ましくないと思われるプログラム)として検出することにしています。

ウイルス対策の調査作業は、そのプログラムの状況に全て左右されます。例えば、動作が怪しいうえ、間違ったデジタル署名を付与されたファイルを入手したとします。ユーザーのセキュリティに配慮するためには、このファイルをウイルス対策ソフトの検出対象にする必要があります。このファイルが、危険性のないアプリケーションのコンポーネントであるとことを知らない限り、危ないものとして扱わなければならないのです。

このような前提を設けているのは、「Induc」というウイルスに感染したファイルの事例があるからです。この例では、バイナリのリソースを確認しましたが、同じように感染していました。怪しい挙動や雰囲気があるのなら、悪質なファイルとして扱った方が、リスクが少ないのです。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。