イタリアの金融機関を装うフィッシング詐欺

フィッシング詐欺の手法の変化には、いつも驚かされます。今回紹介する最新のフィッシング詐欺は、イタリアの金融機関であるCartaSiを装うスパムメールです。

メッセージの件名は「Effettuare l’aggiornamento dei dati」で、データまたは情報のアップデートの手続きを意味しています。さらに、このメールの冒頭には、利用者にWebでのフィッシングについて啓蒙する内容が書かれています。サイバー犯罪者は、CartaSiの利用者にオンラインバンキングの問題を回避する方法が書かれている、偽のセキュアなリンクを提供します。

メール詐欺の手口は以下の通りです。

ターゲットが「Accedi a collegamento sicuro」をクリックすると、96.X.XX.X0にリダイレクトされ、正規のcartasi.itのページを真似たフィッシングページがロードされます。イタリア語の形式、文法の一部が間違っているため、イタリア語がわかる読者であればすぐに怪しいと思うはずです。

対策を講じていないユーザーがいずれかのリンクをクリックすると、システムが感染し、個人情報、金融機関の資格情報が盗まれる可能性があります。話している言語や閲覧しているページに関係なく、安全を確認してください。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。