「感染したい人はここをクリック」:短縮URLをクリックしたい衝動との戦い

Twitterの短縮URLは信用できないことが多々あります。先日、セキュリティ研究者のステファン・エッサー(Stefan Esser)氏が下のようなツイートをしました。

エッサー氏はセキュリティ研究者で、脱獄したiPhone向けのユーティリティ「Antid0te ASLR」を開発した人です。彼が脱獄したiPhoneの保護に一役買っているとしたら、なぜユーザーを感染させたがるのでしょうか。このページのソースをwgetで取得して、内容を確認してみましょう。

エッサー氏が、悪質なJavaScriptを157バイトの中に隠しているとしたら、それはかなりコンパクトなJavaScriptといえるでしょう。HTMLソースファイルを見ると、スクリプト記述は全くなく、標準的な見出しタグ内に一連のテキストがあるだけでした。事実、含まれていたデータは以下のテキストでした。

最初のツイート直後に、エッサー氏は、下のようにフォローを続けました。

ほぼ24時間後にあらためてbit.ly統計ページを見たところ、合計クリック数は2,700回を超え、100件以上リツイートされていました。このいたずらに嵌った人がたくさんいるわけです。今回のケースでは、短縮URLを不用意にクリックすることについて、エッサー氏が警告を出そうとしていたことが分かります。短縮URLをクリックする際は、必ず注意して行ってください。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。