ATMに迫るセキュリティ脅威

今日、全世界で220万台のATMが設置されており、2015年にはその台数が約300万台になると予想されています。その一方で、ATMスキミング事件はデータ窃盗犯罪の3割を占めており、米国だけで1日当たり約35万ドル、年間で10億ドル以上が被害に遭っています。

現在、ATMIA(自動預け払い機産業協会)では、廃棄されたATMによってもたらされるセキュリティ脅威への対策を試みており、ATMの設置者に対して使わなくなったATMを処分するときには十分な注意を払うように呼びかけています。実際、廃棄されたATMには、記録されたカードデータが残っている場合が多く、犯罪者が捨てられたATMのセキュリティ機能を研究して、スキミングの技術を磨くことも可能です。また、廃棄されたATMの外観をそっくりまねたプラスチックのカバーを作成し、スキミング機材を偽装する犯罪者も存在します。

海外では、中古のATMがeBayなどオークションサイトなどで売買されおり、それらが歩行者の多い様々な場所に設置されることもあります。このような中古ATMは、自動車のバッテリーや近くのコンセントから簡単に電源を取ることができると同時に、クレジットカードのデータを読み取ってデータをコピーするように設定されています。

このようなATMスキミングから身を守るためには、自分のクレジットカードやデビットカードの取引明細書を少なくとも2週間に1回はオンラインでチェックし、不正な取引を見つけたら即座にクレジットカード会社や金融機関に申し立てを行いましょう。また、ATMを利用する際は、ワイヤー、テープなどの不審な物が付いていないか、ATMの外観に何か不自然な様子がないか確認してください。海外でATMを使用する場合は、できる限り信頼できる安全な場所に置いてあるATMを利用することを心がけましょう。最後に、暗証番号を入力するときには、忘れずに片手でキーパッドを隠し、覗き見されないよう、注意をお願いします。

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:Security Threat Concerns ATM Industry

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。