650万人のLinkedInパスワード流出に関連して:ユーザーが今知っておくべきこと

6月6日、ノルウェーのコンピューターサイトDagensIT.noが、ロシアのハッカーサイトに650万人分のLinkedInパスワードが掲載された旨を伝え、大きなニュースとなりました。掲載されたのは暗号化されたままのパスワードで、ログインIDとして使用されているEメールアドレスといった、その他の情報は掲載されていなかったとのことです。以降、LinkedInはパスワードを無効にする措置を取り、対象となる会員にパスワードを変更するようEメールで促しています。

今回のLinkedInのハッキングは、インターネットユーザーにとって、複雑なパスワードを使用し、また常にパスワードを変え続けることの重要さを認識させるものだと思います。LinkedInのようなウェブサイトは、暗号化対策によってユーザーのパスワードや重要なデータを防御していますが、サイバー犯罪者から個人情報を守る唯一の方法は、パスワードの確実な管理につきると言えるかもしれません。パスワードの管理は、現代のデジタルワールドにおけるベストプラクティスであり、避けることはできないのです。

LinkedInユーザーへのアドバイス

  • 新しくブラウザのウィンドウを開き、LinkedInにログインする(この時、Eメールからサイトにアクセスしないこと)。パスワードを複雑で、使用したことのないものに変える。パスワードは、毎月更新することを習慣にしておくとよいでしょう。
  • LinkedInに限らず、この機会にSNS、オンラインバンキングサイト、Eメールのプラットフォームといった認証を必要とするアカウントのパスワードも変えておきましょう。もし同じパスワードを使用していた場合はなおのことです。
  • LinkedIn内でご自分のネットワークをチェックし、知らない人物が増えていないかどうか確認しましょう。
  • LinkedInを騙ったフィッシングメールに注意しましょう。
  • コンピューターが最新のセキュリティパッチを適用しているかどうか、またブラウザが保護されているかどうか確認しましょう。

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。