ロンドンオリンピックに関連した詐欺メール

マカフィーでは以前も、南アフリカで行われたFIFAワールドカップを悪用したオンライン詐欺行為について注意を喚起していますが、大規模なスポーツイベントは相変わらず、サイバー犯罪者たちにとってスパムや詐欺メールなどを作成する魅惑的な機会であるようです。となると、今彼らがどのイベントを考えているか、おわかりかと思います。ロンドンオリンピックにインスピレーションをうけて、以下のような詐欺メールが出回っています。

 

メールの内容は以下になります:
おめでとうございます!
2012年ロンドンオリンピック プロモーション(R)から、あなたが幸運な当選者であることをご連絡いたします。あなたは95万ポンドを当選されました。
今回、オリンピック120回を記念するイベントにおける抽選につき、当団体では2012年ロンドンオリンピック プロモーション(R)と人道支援の促進のために、2,650万ポンド以上を展開いたします。
参加者はオーストラリア、ニュージーランド、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパにおける45のモバイルやEメールのネットワークから、コンピューターによる投票システムによって選考されました。

こういったメールは、受信者が多額の賞金を獲得したと伝えます。ユーザーが偽のロト管理者に連絡を取ると、賞金を受け取るため、「手数料」や「振込手数料」を支払うように促されます。こういった不正なロトが、実際に支払いを行うでしょうか?またパスポートや運転免許証、その他の身分証明書のコピーを求められるケースもあります。このような個人情報が引き出されてしまえば、後のなりすまし犯罪につながることは確約されたようなものです。

以下に、こういった不正メールの例をご紹介しておきます。

ロンドンオリンピックの開会式まで、あと10日ほどです。この類の詐欺が増加していますので、注意しましょう。

関連記事

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。
原文:Scams Surround London Olympics

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。