マカフィー、2月のサイバー脅威の状況を発表

セキュリティ・テクノロジー専業のリーディングカンパニー、McAfee Inc. (本社:米国カリフォルニア州、プレジデント:マイケル・デシーザー)の日本法人 マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジャン・クロード・ブロイド、以下マカフィー)より、2014年2月のサイバー脅威の状況を発表します。

【2014年2月のサイバー脅威のサマリー】

PC―ウイルス

  • リムーバブルメディア経由で感染を広げる種類のワームが多くランクインし(検知会社数1位と10位)、不正なautorun.infを悪用して感染を広げるタイプのワームが非常に多いことを示唆
  • 従来のAutorunを使った感染手法のほか、偽装したショートカットを悪用する手法が検出されており、リムーバブルメディアに存在するショートカットファイルに対しても引き続き一層の警戒が必要
  • 2月には、Adobe Flashに対するゼロデイ攻撃やInternet Explorerの対する攻撃が発見されており、各社からリリースされた回避策やセキュリティパッチによる早急な対策が必要

PC―不審なプログラム(PUP)

  • PUPは従来と大きな変化はないが、インターネットからダウンロードしたフリーウェアなどに付加されていることが多いため、フリーウェアの利用には引き続き十分な注意が必要。

2014年2月のサイバー脅威の詳細はマンスリー ウイルスレポートをご覧ください。

[レポート]クラウド環境の現状レポートと今後 ~クラウドの安全性の状況と実用的ガイダンス

 マカフィーでは、1,400人のIT担当者に年次アンケートを実施し、クラウド採用状況やセキュリティについて調査しました。
 調査の結果、クラウドの採用とリスク管理への投資を増やしている組織がある一方で、クラウドの採用に慎重なアプローチをしている組織が多いことがわかりました。
 本調査では、クラウドサービスの利用状況を分類し、短期投資の確認、変化速度の予測、重要なプライバシーおよびセキュリティ上の障害物への対応方法の概要を示しています。

 本レポートでは、クラウドの現状把握と今後の方向性、クラウド対応の課題やポイントを理解することができます。

<掲載内容>
■ 主要調査結果
■ 調査結果から言える方向性
■ 課題への対応
■ 変化への対応力
■ 考慮すべき点:安全なクラウドの採用で事業を加速