「Internet Explorer」脆弱性(CVE-2014-1776):McAfee製品での対応状況

※本ブログの内容は2014年4月30日時点のものです。

米国時間の4月26日、マイクロソフト社は同社のInternet Explorerで脆弱性を確認、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2963983を発行しました。この脆弱性を悪用した限定的な標的型攻撃が確認されています。VGX.DLL(メモリ破損)に起因するもので、攻撃者はInternet Explorer上で任意のコードを実行することが可能です。

この脆弱性は、下記のバージョンで確認されています。

  • Microsoft Internet Explorer 6
  • Microsoft Internet Explorer 7
  • Microsoft Internet Explorer 8
  • Microsoft Internet Explorer 9
  • Microsoft Internet Explorer 10
  • Microsoft Internet Explorer 11

McAfee製品での対象範囲と対応状況

※DAT等のリリース日は米国時間で、日本での提供時期と一部異なる場合があります。

● McAfee Vulnerability Manager:
FSL/MVMパッケージ(2014年4月28日時点)が脆弱性を検出
● McAfee VirusScan (AV):
7423 DAT (2014年4月29日にリリース済み)はペリメーター/ゲートウェイ製品とコマンドライン スキャナー ベース テクノロジをカバー。すべての製品での検出機能は7428 DAT の更新 から提供(2014 年 5 月 4 日リリース予定)
● McAfee Web Gateway (AV):
7423 DAT (2014年4月29日にリリース済み)にて対応済み
● McAfee Network Security Platform (NIPS):
最新のUDS(2014年4月29日にリリース済み)にて対応済み
Attack ID: 0x4512e700
Name: “UDS-HTTP: Microsoft Internet Explorer CMarkup Object Use-After-Free vulnerability”
● McAfee Host Intrusion Prevention (HIPS):
一般的なバッファオーバーフロー保護機能(Generic buffer overflow protection)により、コードの実行を防御
● McAfee Next Generation Firewall (NGFW):
アップデートパッケージ 579-5211(2014年4月29日にリリース済み)にて保護

関連情報(英語のみ)

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。