データのプライバシーについて気を付けるべきこと

 2018年になりました。まだ車が空を飛ぶ時代ではありませんが、私たちはデジタル ライフスタイルの時代に暮らしています。この新たなテクノロジーの時代に、消費者はかつてないほど多くの情報をインターネットで共有しています。しかし、過剰な共有は時にプライバシーを犠牲にするということに気が付いているでしょうか。このことが特に気になってしまうのは、データ プライバシー デーが近づいているからです。
 データ プライバシー デーとは、プライバシーの尊重、データの保護、そして信頼確保の重要性についての認識を深めようと、毎年1月28日に開催されている国際的な取り組みです。オンライン上に残したデジタル上の足跡や、サイバー犯罪者に見られてしまうかもしれない個人情報について、消費者に少し立ち止まって考えてもらうことを目的としています。今の時代、データがどのように共有されているか、またデータのプライバシーが実際にどの程度重視されているのか、見てみることにしましょう。

モノのインターネット(IoT)の影響

 現代のデジタル時代で最も大きな変化のひとつは、モノのインターネット、つまりIoTデバイスの登場です。こうしたコネクテッド デバイスは個人情報を使用して作動していることが多く、増加の一途にあるIoTデバイスのことを「私のインターネット(Internet of Me; IoM)」と呼ぶこともあります。IoTデバイスは、ユーザーのデータに基づいて情報を提供したり動作したりするのが一般的です。
 例えば、フィットネス トラッカー(健康管理のためのデバイスやアプリなど)を見てみましょう。健康に関する計画を立てたり、設定した目標に対する進捗を計算したりするには、ある程度詳しい個人情報を入力しなければならないでしょう。これは、IoTデバイスに共有されるデータの一例に過ぎませんが、私たちは、IoTデバイスがこれまでにも増して多くの場所に、そして恐らくはより多くの人間の手に、ユーザーの個人情報を送っていることを忘れてはなりません。

プライバシーの優先度

 では、消費者は、こうしたデータのプライバシーを守ることについて、どの程度気にかけているのでしょうか。マカフィーが先日行ったアンケート調査によると、回答者の43%が個人情報を適切に管理できていないと感じています。また、その他33%の回答者が、企業による個人情報の収集をどの程度コントロールできるかわからないと回答しています。さらに、個人情報やIDについて心配はしているものの、IDを盗難から保護するソリューションの利用者はわずか37%にとどまり、このような保護ソリューションを導入する予定がない人も28%いました。加えて近年、情報漏えい事故が増加しているにも関わらず、回答者の39%は、過去5年間でオンライン セキュリティに対する懸念は変化していないか、下がったと回答しています。

個人情報の守り方

 では、どうすればよいのでしょうか。データ プライバシー デーから得られる大切な教訓を、どうしたら実生活に活かせるでしょうか。まずは、以下のポイントを実践してみましょう。

・ネットへの掲載/共有は慎重に考える。
 旅行中で家を離れていることをSNSに投稿していませんか?アプリやIoTデバイスに必要以上の情報を提供していませんか?いつ、どのようにインターネットやアプリ、サービスに個人情報を共有するかについて、意識することが大切です。また、本当に必要でない限り個人データを共有しないというのも、優れたセキュリティ対策になります。

・プライバシー設定を確認する。
 これは簡単です。個人情報を必要以上に共有している傾向にある方は、本当に必要な場合か、または知人や信頼できる人にしかデータを共有しないように設定を変更してください。

・IDの盗難を防止するソリューションを利用する。
 こうした個人データはオンライン上に散在しているのですから、IDを盗もうとするあらゆる活動に対して常に警戒しておくことが重要です。個人を特定可能な情報をIDの盗難や詐欺から守ることができるMcAfee Identity Theft ProtectionなどのIDの盗難を防止するソリューションを導入してください。

 また、Twitterで@McAfee_Homeをフォローしたり、Facebookで「いいね!」して、ユーザーやモバイル セキュリティの脅威に関する最新情報を入手してください。

※本ページの内容は、2018年1月23日更新のMcAfee Blogの内容です。
原文:Key Considerations for Consumers Around Data Privacy
著者:Gary Davis

[レポート]クラウド環境の現状レポートと今後 ~クラウドの安全性の状況と実用的ガイダンス

 マカフィーでは、1,400人のIT担当者に年次アンケートを実施し、クラウド採用状況やセキュリティについて調査しました。
 調査の結果、クラウドの採用とリスク管理への投資を増やしている組織がある一方で、クラウドの採用に慎重なアプローチをしている組織が多いことがわかりました。
 本調査では、クラウドサービスの利用状況を分類し、短期投資の確認、変化速度の予測、重要なプライバシーおよびセキュリティ上の障害物への対応方法の概要を示しています。

 本レポートでは、クラウドの現状把握と今後の方向性、クラウド対応の課題やポイントを理解することができます。

<掲載内容>
■ 主要調査結果
■ 調査結果から言える方向性
■ 課題への対応
■ 変化への対応力
■ 考慮すべき点:安全なクラウドの採用で事業を加速