FOCUS JAPAN 2016―2020年までに19万人不足? セキュリティ人材を育成し、組織を整えるヒントを得よう

FOCUS JAPAN 2016での門林雄基氏のセッション「社内セキュリティ人材のキャリアプランとエコシステム」のテーマにもなっている通り、セキュリティ人材の育成は、業界のみならず、日本の社会全体を支える上でも非常に大きな課題です。経済産業省の調査によれば、現時点でもセキュリティ人材は約16万人不足しており、2020年には不足数が19万人に達すると予測されています。知識と経験を備えたセキュリティ人材の育成は急務となってるのです。

11月10日に開催される「FOCUS JAPAN 2016」では、そんなセキュリティ人材の育成を支援するためさまざまなセッションを行う予定です。

インシデント発生時の司令塔となるCSIRT構築・運用の参考になるセッションとして「監視とインシデントレスポンスの業務効率化」「マルウェア解析とインテリジェンスによる対策強化」があります。前者ではインテル セキュリティの現場での体験を基に、日々のセキュリティイベント監視やインシデント対応を効率化させる工夫をご説明します。また後者のセッションでは「インテリジェンス」に焦点を絞り、さまざまなマルウェアや攻撃の特性を知ることで、それぞれに応じた高度な対応を実現するコツをご紹介します。一歩進んだインシデント対応を考えている方々に、ぜひお勧めしたいセッションです。

また人材不足問題の解消においては、人を育てると同時に、「テクノロジ」を活用してできるところは自動化するというアプローチも重要です。攻撃者側がさまざまなツールを駆使し、日々膨大な量のマルウェアを新たに作成してはばらまいているのに、手作業で解析や対処を行っていてはいくら頑張っても間に合いません。「ランサムウェア・標的型攻撃対策の全自動化への道のり」では、限られた人手を生かしつつマルウェア発見から対応までを自動化するヒントを紹介する予定です。
ぜひ、FOCUS JAPAN 2016にご来場ください。

▼セッション一覧・詳細、ご登録はこちらから

https://focusjapan.jp/is07/

■FOCUS  JAPAN 2016 開催概要
日 時:2016年11月10日(木)10:00-19:00(9:30開場)
会 場:ザ・プリンスパークタワー東京
参加費:無料(事前登録制)
対 象:企業、官公庁の情報システム部門・セキュリティ管理者、
          セキュリティ製品の販売店・システム インテグレータの担当者

関連記事:その他テーマの見どころ
■脅威動向・業界動向
http://blogs.mcafee.jp/mcafeeblog/2016/10/post.html
■SOC/IR
http://blogs.mcafee.jp/mcafeebl…/…/focus-japan-201-98c5.html
■クラウド
http://blogs.mcafee.jp/mcafeebl…/…/focus-japan-201-6fb8.html
■情報漏えい対策
http://blogs.mcafee.jp/mcafeebl…/…/focus-japan-201-4cd1.html

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。