【特集】脅威の真相と深層に迫る2人のエキスパート

11月9日に開催される「2017 MPOWER:Tokyo」では、社外のセキュリティ専門家はもちろん、マカフィーからも国際的に活躍する専門家が登壇します。今回はマカフィーの中でも特に脅威の最前線を知るチーフサイエンティストでありフェローのRaj Samaniと、マカフィーラボのVPとしてチームを引っ張るVincent Weaferの2人を紹介します。

一人は、2年ぶりに登壇するRaj Samaniです。Rajはノーモアランサムプロジェクトのようなベンダーの枠を超えた活動や、国際的な法執行機関の支援など、国際的な活動で活躍しています。最前線ゆえに、悪い状況、さらに悪い状況と日々向き合いますが、決して悪いことだけではない、良いこともあるんだという事を、自らの国際的な最前線の活動からお伝えします。

 彼のセッションを聞いた人の感想には「勇気をもらった」とか「モチベーションが上がった」という声を多く聞きます。闘いに欠かせないエネルギーの充電に、Rajのセッション、「善人、ならず者、そして邪悪! 国際的なセキュリティ活動の最前線」にご期待ください。

もう一人のエキスパートはマカフィーラボで脅威の動向と最先端を見続けているVincent Weaferです。
囲碁も、将棋も、そしてセキュリティ業界もAIや機械学習が脚光を浴びています。守る側の最新テクノロジーの活用も注目すべきですが、攻撃者による悪用を具体的にイメージしていますか?
Vincentは研究部門ならではの視点で、防御側が知っておくべき攻撃者によるテクノロジーの悪用についてお話しします。

「機械学習の闇、サイバー攻撃は転換点  機械学習の悪用を想定せよ! 」では、いつもとは逆の視点で最新テクノロジーをお伝えします。

著者:MPOWER事務局

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。