新生マカフィーから未来へ

※マカフィーの エグゼクティブ バイス プレジデント ブライアン・ダイ(Brian Dye)が、2017年4月5日に発表した内容の抄訳です。

新しい、真に素晴らしい何かに携わることができるチャンスは、滅多にありません。今週は、そんな機会に恵まれました。 

業界で最も有名なブランドの再構築です。会社に早い段階から参画し、新しいアイデアを試すことができるというのは、この業界に何年も携わっている私にとって、素晴らしいチャンスです。このような機会は、仕事人生の中で1~2度しか訪れません。 

加えて、この業界、つまりサイバーセキュリティ業界は、他のIT部門よりも急速に進化しているという現実があります。その動きの中心に、マカフィーがあります。 

ここでは、サイバー攻撃やインターネット上のセキュリティ脅威の問題について、データを用いて説明することはしません。それは皆さんが既に認識されていることだと思います。あとは、ニュースサイトや新聞からピックアップしてみてください。おそらく、セキュリティはデジタル時代の最大の課題だと思います。 

昨年度、私たちは18種類の新製品を発表しました。オーガニックに連携が可能な製品群です。4種類の統合型セキュリティ システムも開発しました。業界内の提携を促すために率先して活動し、参加企業を125社以上まで増やすことができました。また、DXLのオープンソース化で業界を驚かせました。 

私たちは、2,000人以上の素晴らしいエンジニアから成るチームを抱える、世界最大規模のサイバー セキュリティ専業企業という、特別な組織で働いています。今、世界で私たちのサービスが以前にも増して必要とされています。

だから、少し立ち止まって (ほんの少しの時間でかまいません)、考えてみてください。

 最高経営責任者(CEO)のクリスは、マカフィーをサイバーセキュリティで最も評価され、信頼されるブランドにするというビジョンを描いています。私たちが思い描く企業になれば、お客様にとって最高のパートナーとなれるでしょう。

未来は開かれています。皆さんはどんなご意見をお持ちでしょうか? 是非、私たちにお聞かせください。

原文:Day Two and Beyond

導入前に押さえたい 運用基盤としてのSIEM 活用ポイント

セキュリティ運用効率化の実現基盤としてのSIEMについて、マカフィーが実際にお客様のSOC の体制確立の支援時に提供している、SIEM 導入前の計画から運用を開始までの流れや、継続するために提供しているサービス例も交えて、ホワイトペーパーとしてまとめました。

■ホワイトペーパー記載内容■
・SIEM と運用の効率化
・効率化:運用のどんな作業が楽になるのか?
・基盤:ログの統合、ノウハウ蓄積、情報共有
・不安:使いこなせるのだろうか?
・注意!:SIEM の有効活用は導入前に決まる?
・ビフォー・アフター:ログ・ノウハウ・情報の共有基盤化

この資料を読むことで、SIEM活用のポイントが理解でき、導入を成功させるための注意点を把握することができます。SIEMに興味がある方は是非ダウンロードしてお読みください。