破壊活動型へ進化するランサムウェアへの効率的な対策を知る

はじめに

 身代金要求型から破壊活動型に変化し始めているランサムウェア。最後の砦となるエンドポイント ( 各ユーザー端末 ) で、強固なセキュリティをどのように実現していけばよいのでしょうか?

掲載内容

 世界中で猛威を振るったランサムウェアは、感染した PC のデータを暗号化し、復号するために金銭を要求する「身代金要求型ウイルス」でしたが、現在は破壊性に目的を変えた攻撃性の高いマルウェアに変化し始めています。
 進化するランサムウェアの感染手法の多様化・暗号化動作の悪質化の実態を解説するとともに、最後の砦となるエンドポイント(各ユーザー端末)で、さまざまな脅威対策が統合化された次世代型のエンドポイントセキュリティを紹介します。

 
 2018年も猛威をふるうと予測されるランサムウェア。ランサムウェアをエンドポイントで食い止めるセキュリティ体制の構築を本資料で徹底解説します。